最新記事

福祉の現場で働く事務員に求められる資格や能力というものがあります。
それを検定するのが、福祉事務管理技能検定です。
この資格は、様々な関連施設の事務担当者が必要な基礎的な知識さらには技能を有しているかということを、認定する検定試験です。
この資格を取るためには、社会保障制度や福祉六法、介護保険制度等の知識や老人や障害者の心理についての医学知識などが必要ともあります。
さらに、介護給付金明細書の作成方法など、実践的な知識が求められます。
この試験の内容は、3つの領域があり、一つは、社会保障・社会福祉制度、二つ目は老人・障害者の医学と心理、介護の基礎です。
三つ目は、介護保険制度、介護報酬請求事務があります。
これらの領域において、正答率が60%以上であれば合格となります。

福岡 腰痛

白衣の通販に関してはココ!

高級感、抗菌性、デザイン性、最強のスクラブ